特徴3. SEOに強い

アクセスアップに欠かせないSEOはビジネス利用のCMSには必須です

ビジネス特化CMS【Buddy】は、WEBサイト制作に欠かせないSEO(検索エンジン対策)に大変強いことが特徴のひとつ。

検索ページで上の方に表示されるためには、Googleが求める「SEO基準」に基づいてページを作成しなければなりません。GoogleのSEO基準にあわせていれば、ホームページが正しく評価されて、検索結果の上の方に表示されやすくなります。当社のCMS【Buddy】がSEOに強い理由は、Googleの公式SEO基準に準拠したページが自動作成されるからなのです。

▲クリックするとPDFが開きます。
Googleが公表しているSEOのポイント集ですからぜひご一読ください

こちらのページでは、GoogleのSEO基準をふまえつつ、CMS【Buddy】がどのようにGoogleが求めるSEOのポイントを実現しているかをお話ししていきましょう。

なお、GoogleのSEO基準は、Googleが公開している「検索エンジン最適化スターターガイド(右の写真)」に細かく定められています。ご興味ある方はぜひご一読ください。

SEO基準【1】Google推奨HTMLとCSS

Google推奨のCSSの例です。専門知識がないと対応は困難を極めます

さてGoogleは、「検索エンジンスターターガイド」の中で、推奨するHTMLCSSを細かく指定しています。たとえば、言語なら「HTML5」を推奨しており、以前使われていたXHTMLは使用しません。その他にも、HTMLタグのインデントは「半角スペース2個分」、HTMLタグは大文字を使用せず小文字だけ、URLを記述する際は頭の「http」を省く等、その指定は本当に細部にまでわたります。

SEOで上の方に表示させるためには、Google推奨のHTMLとCSSを細かいところまでよく理解し、それに対応した記述・構造でサイトを作らなければいけないのです。

しかしながら、これほど細かく指定されたHTMLとCSSに沿ってサイトを作成するのは、なかなか骨が折れるもの。とくに、HTMLやCSSの専門知識を持たない初心者の方には、困難を極めることでしょう。

その点当社のCMS【Buddy】はGoogle推奨の最新HTMLとCSSで、サイトを自動作成します。難しいHTMLやCSSの記述は、システムが自動で行いますから、サイト作成のためにHTMLやCSS等の専門知識を勉強する必要はありません。専門知識不要で、最新のSEOに沿ったサイトを簡単に作成できるのです。

SEO基準【2】わかりやすいナビゲーション 

Googleが定めるSEO基準のポイント2つは、「ナビゲーションをわかりやすくすること」です。「ナビゲーション」とは、ホームページにアクセスした人が、迷わずに目的のページまで移動できるようにする機能のこと。Googleは「検索エンジンスターターガイド」の中で、下図のような階層構造でサイトを制作することを推奨しています。

Google推奨の構造

検索エンジン最適化スターターガイド
10ページより

CMS【Buddy】の構造

CMS【Buddy】ではこのような形で
Google推奨の方式に準拠しています

当社のCMS【Buddy】では、この階層構造を右上の図のような「サイトマップ」機能で実現しました。サイトマップ機能が、Google推奨の階層構造で自動的にページを整理し、サイトを構するのです。そのため、専門知識を持たない初心者の方でも、Googleが推奨するSEO基準を簡単に満たすことができます。

SEO基準【3】テキストによるナビゲーション

ナビゲーションのサンプルです。一般的にはこれを「画像」で作成します


 

Googleが定めるSEO基準のポイント3つ目は、ナビゲーションはできるだけテキストにする」というもの。

制作会社がホームページを作る際、右図の赤枠で囲った部分のようなナビゲーション(メニューやリンク)は、「画像」で作られます。その方が見た目がカッコいいので、デザインを重視して画像で作るケースが少なくありません。でも、画像にしてしまうとSEOでは不利になります。

Googleは、「SEOで有利なナビゲーション(メニューやリンク)は、画像ではなくテキスト(文字)だ」と、SEO基準の中で言っているのです。

このように、従来はデザインを取るかSEOを取るかの選択を迫られていたのですが、当社のCMS【Buddy】は、デザインを重視しつつSEOでも有利になる機能開発をいたしました。メニューやリンクは、まるで画像で作ったかのようなカッコいいデザインなのに、実際はテキスト(文字)で作られている、そんな機能を開発したのです。

CMS【Buddy】なら、デザインが良い上に、Googleの推奨するSEO効果が高いナビゲーション(メニューやリンク)を作れます。

 

SEO基準【4】テキストによるサイト内リンク

各ページ同士の誘導リンクは、サイトのSEO効果を高めます

メニュー等のナビゲーションだけでなく、サイト内でのリンクの貼り方も重要です。Googleが定めるSEO基準のポイント4つ目は、「ページの中から、他のページリンクを貼りましょう」ということ。

サイト内の各ページの本文やページの下の方には、他のページへ誘導するためのリンクを入れておくと、SEO効果が高まるのです。

CMS【Buddy】は、HP初心者の方でも簡単誘導リンクを入れられる仕組みを搭載しました。

画像のように見える、おしゃれな誘導リンクを簡単に利用可能。
画像ではなくテキスト(文字)なので、SEO効果も抜群です

右図のような矢印アイコン付きの誘導リンクや、ボタンを簡単なマウス操作だけで入れられるのです。もちろんこの誘導リンクも、Googleが推奨する「文字(テキスト)リンク」で実現できます。
 
「SEO基準【3】」でもお話ししたように、他の制作会社ではSEOで不利になるとわかっていても、デザインを重視して、画像で誘導リンクを作成するのが一般的です。


しかしCMS【Buddy】には、文字なのに画像のようにオシャレに見える誘導リンクが多数そろっています。文字(テキスト)によるリンクで、SEO効果を最大限に高めつつ、オシャレな見ばえも最新技術で実現しているのです。

SEO基準【5】titleとdescription

titleとdescriptionの例。専門知識がないとチンプンカンプンだと思います

Googleが定めるSEO基準のポイント5つ目は、title(ページタイトル)とdescription(ディスクリプションメタタグ)の設定の仕方です。SEO基準が定められた前述の「検索エンジンスターターガイド」には、

  • 適切なページタイトルを付けよう
  • descriptionメタタグを設定しよう

​という2つが重要項目として書かれています。

専門的な難しい話は省略しますが、サイトの中に右上の図のような記述をきちんとしておきましょうね、とGoogleは言っています。この記述がないとSEO上位に表示されるのはほぼ不可能。それほど重要なものなのです。

しかし、サイトの中にこの「記述」をすることは、ある程度の専門知識が必要です。「HTML」の知識が無いと正しく記述できません。

管理画面で入力すると、Google推奨のSEOが実現できます

そこでCMS【Buddy】では、HP初心者の方でも管理画面から簡単にこの「記述」を書き込めるようにしました。右図のような管理画面で、必要な項目を入力すると、システムが自動的にGoogleの基準に準拠した形でこの記述を設定してくれます。

「HTML」という
難しい専門知識がない方やHP初心者の方でも、心配いりません。Googleが求める「ページタイトル」と「description」を適切な形で実現できます。

 

SEO基準【6】Googleサイトマップ自動生成

Googleにサイト構造を伝えるためのサイトマップ。初心者が作成するのは、とても困難です

「サイトマップを作りましょう」これがGoogleが定めるSEO基準のポイント6つ目です。

Google等の検索エンジンは、サイトマップを読み込んで、「サイトにどんなページがあるのか」「サイトはどのくらいのボリュームがあるのか」「どんな内容のサイトなのか」等を把握して、検索順位を決めています。

SEOを有利に運ぶためには、サイトマップを通じて最新のサイトの状態をGoogleに伝えなければならないのです。それはつまり、サイトマップは常に最新の状態にしておかなければいけないということ。サイトを更新してページを追加・削除したときには、その都度書き換えていかなくてはならないのです。Googleむけにサイトマップを作るだけでも手間がかかるのに、更新のたびサイトマップを作り直さなければならないなんて・・・。

こうした問題を、クリアーしたのが当社のCMS【Buddy】です。【Buddy】は、面倒なサイトマップ自動で生成。ページの追加があれば、同時にサイトマップも自動で生成し直されますから、まったく手間がかかりません。常に最新のサイトの状態をGoogleに伝えることができます。

 

SEO基準【7】構造化データによるパンくず

パンくずの例。Googleはこのパンくずを各ページに用意することを推奨しています

SEO基準のポイント7つ目は、パンくずリスト」。

「パンくずリスト」とは、
ページを見ている人に「自分がどのページにいるか」を伝える右の図のようなリンクのこと。Googleは、このパンくずリストのサイトへの設置を推奨しているのです。

しかも、ただ単に設置すれば良いのではなく、構造化データという方法でパンくずを作ると、SEOで有利ですよ」とGoogleは言っています

難しい話は省略しますが、構造化データというのはネットの最新技術なので、一定以上の知識と技術が必要です。そのため、普通は制作会社に費用を支払って設置してもらわなければなりません。

ボタン一つで、構造化データに準拠したパンくずを設置できます

その点当社の【Buddy】では、このパンくずリストもボタン一つで簡単に設置が可能。専門技術が無くても、右の図のような管理画面から、簡単操作すぺてのページに「パンくずリスト」を置けます。

もちろん、Googleが推奨する構造化データという方法で作られていますから、SEOも有利になります。

SEOに強いCMS【Buddy】

ここまでお話ししてきたとおり、ビジネス特化CMS【Buddy】は、Googleの公式SEO基準である「検索エンジン最適化スターターガイド」に準拠した、SEO大変強いシステムです。しかも、SEO効果の高いページを、専門知識や技術がない人でも簡単に作れます。

検索結果の上位に表示させることは、アクセスアップに欠かせません。SEOに強いことは、ビジネス利用のサイト制作の必須条件です。ぜひ、SEOに強い当社のCMS【Buddy】を活用いただければと思います。

 

お問い合わせはこちら

親切丁寧を心がけております

お気軽になんなりとご相談ください

03-5957-1610

受付時間:平日10:00〜13:00 / 14:00〜17:00
担    当:築地(つきじ)、山本

認定プログラム

ビジネス特化CMS【Buddy】は、中小企業が安心して利用できるサービスとして、クラウドサービス推進機構の実施する「クラウドサービス認定プログラム」の厳正なる審査を通過しました。第三者機関の認める信頼感あるサービスとして、安心してご活用ください。

テレビ出演情報

8/6(土)にチバテレビで放映された「ビジネスフラッシュ」に代表の吉本が紹介されました(紹介時間0:00~14:33)。

お気軽にご相談ください。

03-5957-1610

フォームからのお問合せは24時間受け付けております。